バイアグラなどのED治療薬の情報ネット > カベルタのED治療効果とは

カベルタのED治療効果とは

世界で最初にED治療薬として認められた「バイアグラ」、男性であれば1度は名前を聞いた事があるのではないでしょうか。
世界で最も愛用者が多いと言われているバイアグラですが、最近はジェネリック薬品も出回るようになりました。
「カベルタ」もその1つです。
カベルタはインドの医薬品メーカーが製造しているジェネリック薬品で、バイアグラと同じ「シルデナフィル」が有効成分として配合されています。
三角形でピンク色の錠剤で、シルデナフィルの含有量が違う、50mgと100mgが製造・販売されています。
ジェネリック薬品と聞くと「効果が薄いのではないか」と、感じる方もいるかもしれません。
ですが、バイアグラもカベルタも含まれている有効成分は同じです。
シルデナフィルの作用によって、PED-5という酵素の働きを抑えて、勃起力を高める効果を発揮します。
また、血管を拡張させる働きもあり、海綿体へ十分な血流を促し本来の勃起作用を促すのが特徴のED治療薬です。
1回につき1錠を水などで服用する事で、勃起力をサポートします。
カベルタは、個人差はありますが服用してから約30分前後で自覚症状が現れ始め、約1時間後にはピークに達する即効性の高さが魅力です。
上手く活用したいなら服用するタイミングを見計らう必要があります。
約1時間後に効果のピークがくる事を考えて、性行為を行う1時間前には服用しておくと良いでしょう。
持続する時間は約4時間から5時間程度です。服用する際は水かぬるま湯を選ぶようにしましょう。
4時間から5時間程度ですので、夜に服用しても翌朝に影響を与えるという事はほとんどありません。
ただし、カベルタは食事の影響を受けやすいED治療薬です。
有効成分のシルデナフィルは腸から吸収されるので、食事の前後に服用すると効果を実感出来ない恐れがあります。
よりED改善を目的として服用するのであれば、出来るだけ空腹時に服用するようにしましょう。

カベルタの副作用は?バイアグラと同じ?

「カベルタ」はバイアグラのジェネリック薬品の1つです。
バイアグラよりも価格がリーズナブルという事もあり、通販などで購入している男性も少なくないようです。
ただ、ジェネリック薬品といっても医薬品には変わりはありません。
同じ有効成分である「シルデナフィル」を配合している事もあり、カベルタにもバイアグラと同じような副作用が起こると考えられています。
バイアグラの場合、顔のほてりやめまい、頭痛に鼻づまりといった副作用の症状が起こるようです。
同じ有効成分を使って製造されているので、カベルタにも当然このような症状が副作用として挙げられます。
このような副作用は有効成分の血管拡張作用によって起こるものです。
特に顔のほてりや目の充血といった症状は、服用した多くの方に見られます。
副作用と聞くと不安に感じてしまいますが、顔のほてり・目の充血といった症状は有効成分が効いている証です。
頭痛や鼻づまりといった症状も、カベルタが効いている約4時間から5時間の間に起こりやすい症状で、効果が切れ始めたら自然に回復していくので安心しましょう。
バイアグラ・カベルタ共に副作用のような症状が現れたとしても、軽度なものが多いようです。
しかし、稀に重篤な副作用が起こるケースも報告されています。
カベルタの持続時間である4時間から5時間を過ぎても、体に何等かの異変を感じる場合は、速やかに医師に相談するようにしましょう。
バイアグラの場合、持続勃起症といって薬の持続時間を過ぎても勃起状態が続く副作用が報告されています。
バイアグラと同じ有効成分で作られているカベルタも、同じ副作用が起こる可能性はゼロではありません。
また症例自体はとても少ないですが、突発性難聴などの副作用も考えておく必要があります。
しかし、このような副作用は本当に稀です。
ほとんどの場合、もし副作用が出たとしても顔のほてりなど軽いものなので安心して服用して良いでしょう。