バイアグラなどのED治療薬の情報ネット > バイアグラの副作用と併用禁忌薬

バイアグラの副作用と併用禁忌薬

手でバツ印を作っている医者

「バイアグラ」は世界的に有名なED治療薬の1つです。
国が効能を認めた医薬品ですので、EDを解消する作用にはとても優れています。
ただ、医薬品という事は当然、副作用を起こす危険性もはらんでいます。
バイアグラを活用したいと考えている方は、どのような副作用が起こるのか確認しておくと、いざという時に対処しやすいのでおすすめです。
バイアグラで起こりやすい副作用としては、顔のほてりや目の充血、頭痛といった症状が挙げられます。
バイアグラを服用すると急激に血流が良くなる事から、顔がほてったように熱く感じたり、頭の血管が広がる事で頭痛が起こったりします。
目の充血も血管が広がる事で起こる副作用です。
このような副作用は時間の経過と共に、徐々に落ち着いていくので安心しましょう。
鼻水や鼻づまりは鼻の粘膜が充血する事で、消化不良や胃痛といった症状は消化器が充血する事で起こる副作用です。
この他に心臓の負担が大きくなる事から、胸痛、動悸、頻脈などの症状が起こる場合もあります。
また、このような副作用の他には、めまいも報告されている症状の1つです。
血液の流れが急によくなると、血圧が低下してしまいます。
普段よりも血圧が低下してしまうと、めまいや立ちくらみのような症状を感じやすくなるようです。
このような症状はバイアグラを服用した大半の方に起こると言われています。
ただ、稀に大きな副作用が起こる事もあるようです。
バイアグラを服用する場合は、こちらの大きな副作用についても覚えておくと良いでしょう。
持続勃起症もバイアグラを服用して、稀に起こる副作用の1つです。
持続勃起症とは文字通り、勃起している状態が長時間続く症状の事を言います。
長時間にわたり勃起状態が続くと、勃起障害を引き起こすリスクが高まるので注意が必要です。
もし、長時間勃起状態が続くようであれば、早急に医師に相談する事をおすすめします。
突発性難聴や心筋症も考えておきたい副作用です。
バイアグラは安全性が認められていますが、このような副作用が起こる事も考慮して活用するようにしましょう。

バイアグラと併用禁忌薬は?

バイアグラには「併用禁忌薬」が存在しています。併用禁忌薬とは一緒に服用してはいけない薬です。
併用禁忌薬となっている薬とバイアグラを併用した場合、重篤な副作用や命を失う危険性もあるので注意しましょう。
バイアグラと併用出来ないものとして、まず挙げられるのが狭心症の薬です。
ニトログリセリンといった硝酸剤系の薬は、狭心症の治療薬として用いられています。
硝酸剤系の薬は血管を広げる働きをするのが特徴です。
バイアグラも血管拡張作用がある為、ニトログリセリンなど硝酸剤系の薬と併用してしまうと、血管が急激に広がり血圧が低下してしまいます。
一気に血圧が下がってしまう事によって、ショック状態に陥ってしまう危険性があるようです。
硝酸剤系の他にも一酸化窒素供与剤も、併用する事は出来ません。
バイアグラが錠剤なので併用出来ない薬も錠剤だけと感じてしまうかもしれませんが、硝酸剤系には錠剤だけでなく、舌下錠、貼り薬、吸入タイプ、注射、スプレーなど色々なタイプなどもあります。
錠剤だけでなく、他のタイプもバイアグラとは併用出来ないので注意が必要です。
不整脈の薬の一部に肺高血圧症の薬の一部で治療を行っている場合も、バイアグラと併用する事は出来ないので覚えておきましょう。
併用する事自体がNGという薬もあれば、使用に注意しなければいけない薬も存在しています。
何らかの持病が治療を行っているという方が、バイアグラを試してみたいという場合、必ず医師に相談して服用できるかどうか調べる事をおすすめします。
勝手に服用せず医師の判断を仰ぐという事が、バイアグラを服用して起こる副作用のリスクを抑える事や、体への悪影響を収めるためには大切です。